それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

やっぱり突然・・・。

前回、ウチのお部屋は明け渡さなくていい、なんて書きました。
私たちのあと、誰も住まないようだったし、後から、会社の人が
備品(家電や家具)のチェックにでも来ると思ったので、
荷物も一ヶ所にまとめておけばいいのかなー、なんて思ってました。

が、昨日の夜、会社で送別会を開いていただいたんですが、
そのとき、日本人の社員の人が、私たちの後、住むことになるらしいって
今朝聞いたと聞いてビックリ。

だとしたら、もう少し、キレイに掃除をしないといけないし、
この部屋には必要な「隙間テープ」や「水漏れシール」なんかも置いていかないといけない。
捨てていくつもりだったけど、出しておこう。
最後まで突然の告知だ・・・。

でも、どう考えても他の日本人社員が住んでいるマンションのほうが
便利でキレイでいいと思うけど・・・。
ウチの部屋は他の社員の人が住んでいるマンションより広さはあるけど、
お風呂は狭いし、シャワーを浴びると、バスタブの外に水が漏れるし、
リビングの中にバスルームがあるし、家具に虫はついてるし、
リビングの照明のガラスカバーは割れてるし、
その照明も半分は壊れてて点かないし・・・。

何度か修理を頼んでもきちんと直らなかったからそのあとは
そのままで過ごしちゃってました。

ショックが少ないように先に説明をしておこうと思います。
ってブログ更新してる場合じゃない!!
掃除をもう一度しなおさなきゃ!!



スポンサーサイト


  1. 2006/03/29(水) 11:56:52|
  2. ちょっと困ったこと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

いよいよ!

先週末に正式に帰国する事が決まりました。
帰国は今週末。
で、金曜から昨日まで、荷物をまとめたり、捨てるものを分けたり。

約2年生活したわりに、荷物は結構少なかったです。
日本から持ってきた家具や電化製品もないから、大きい荷物もないし。
それでも、本があって、重いから別便で送ろうかと思ったけど、
日系の引越し業者さんに聞いたら、「5箱以上で受け付けます」と。
もし、1個だけなら高くなるから、郵便小包の方がお得らしい。

ということで、小さめのダンボールに詰めて別便で送る事にしました。

洋服はシャツなんかは色も変わって、ヨレヨレしてきたから、捨てていきます。
白いシャツはやっぱり黄ばんでました。
水の色も関係してるようです・・・。

ウチは会社がマンションの1室を持っていて、そこに住ませてもらってたから、
明け渡さなくてもいいし、光熱費とかの手続きもいらないようだし、
引越し手続きはラクみたいです。
古いマンションでかなり不便だったけど、いい事もあるもんです。

あとは掃除かなー。



  1. 2006/03/28(火) 10:06:08|
  2. 上海ならでは!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

できる?できない?

おー、更新してませんでした・・・。
ブログの意味ないですね・・・。

先日、お友達のメガネが壊れてしまって、修理しようということに。
そのメガネはスペアがないから、直さないととっても不便のようでした。
私も普段はメガネをかけてるけど、上海でどんなめがね屋さんがあるかも
わからないから、上海に来る前にスペアも作って、後は一時帰国のたびに
修理、点検なんかをしてました。
だから、上海ではどこで修理をしてくれるのか分からないんです。

で、とりあえず、徐家匯(いろんなお店がある場所です)にあるデパートへ。
最初のお店にパリミキがあって聞いてみると「できない!」
本当かな~??
そこで、「じゃあ、どこなら直してくれる?」って聞いたら、あるお店の名前を教えてくれた。
半信半疑で(上海ではテキトーに教える人もいるから)行ってみたら、
お店を発見。
奥のカウンターに修理道具もたくさん。
これは期待大!と思って、聞いてみたら・・・。
「ダメ」と。
私が「修理できないの?」って聞いたら、「できる。でも壊れるから修理しない」と。

その修理のおばさんはプライドがあるようで、「できない」とは言えないようでした。
そのあと、「隣のメガネ屋に行け」と。

眼鏡屋さんの隣に眼鏡屋さんと言うのもすごい立地条件だけど・・・。
とりあえず、隣へ。
そこでは若い女の子が直そうとしてくれて、2人で感動!
結局、すぐには直せないから他のフレームに換えました。
サービスも良くて感動。

お店を出てからお友達が
「でも、日本だったらすぐに直してくれてこんなにお店を探さなくてもいいのに・・・。」と。
まだ上海に来て5ヶ月ほどの友達は、ちょっと上海の不便なところも
発見してしまったようです・・・。



  1. 2006/03/21(火) 09:37:31|
  2. ちょっと困ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1日外出しないと・・・?

昨日はちょっと天気も悪かったし、なんとなくダラダラとして、
1日外出しませんでした。
朝からずーっとパソコンの前から離れず、夕方やっと夕食の準備。
という、かなりナメタ1日でした。
(私の場合、こんなダメダメな日が結構あるんですけど・・・)

で、今朝、旦那さんが会社に行ってから、洗濯して、干して、
昼の準備でも。と思ってたら、水が出ない。

トイレも、お風呂場も、キッチンも。
何だか、断水のようでした。

時々、なぜか断水があるのに、知らない事が多い。
だいたいが前日の夕方、1階のエレベーターの前に書いてあるだけ。

だから、前日の午後に買い物でも行かない限り、気が付かない。
昨日は旦那さんも何も言ってなかったから、
「まだ書いてなかった」か「気が付かなかった」みたい。

で、お昼過ぎに1階に行ってみたら「9時から16時まで断水」と書いてあった。
その後、天気も良いし買い物に行って帰って来てから、16時過ぎたから
お水を出してみたけど、少ーししかでない。
それも茶色いし。
いつも時間通りに終わらないんですよねー。
こんな状態にも慣れてきて、
「表示するのが遅くても、出してくれるだけいいかー」と考えられるようになったかも。

と言うことで、料理したいのはヤマヤマですが、
料理ができないので、今夜は久々にケンタッキーにしてみました!!
サボったわけじゃないです・・・(^^;)





  1. 2006/03/10(金) 18:01:45|
  2. ちょっと困ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

上海の香り?

上司の奥様が前にこんな話を。

単身赴任のご主人が日本に帰国するとなんだかホコリ臭い。
で、そのおうちには年頃のお嬢さんがいるらしくて、
帰ってくると、「ホコリ臭い」と言うらしい。
直接、お父さんには言わず、お母さんに言うらしい。

ここで、優しいのがこの奥様。
お嬢さんがお父さんを避けず、お父さんも娘に「臭い」と言われ
ショックを受けないように、ちょっと工夫を。

旦那さんが夕方ごろに自宅に来るころ、お風呂を準備しておいて、
「お疲れ様、先にお風呂入ったら?」と勧めるらしい。
いくら飛行機で2時間でも移動で疲れてると、お風呂に入りたくなるし、
旦那さんもそのまま、お風呂へ。
で、さっぱり、キレイになるそうです。

もちろん、このからくり(?)は奥様以外誰も知らないようです。
この奥様の優しさに感動しました。

確かに、上海は工事が多くて、砂ぼこりが多いし、バスなんかは未だに
真っ黒な排気ガスをバンバン出してるから、ホコリっぽい。

そのうえ、その上司のおうちも、ウチも家も家具も古いからカビ臭い。
そこに、洋服を入れているから、臭いが染み付いちゃうらしい。
洗濯しても、水がサビのような、ドロのような臭いだから、
なかなか洗剤のいい香りが出ない。
(最近は洗濯にも使える浄水器なんかも出始めたようだけど。)
でも、ずっと住んでいると少しマヒしてくるんですよねー。
「上海の香り」に慣れて、何が普通か分からない。

上海の空気がきれいになるのはいつ頃なんでしょう・・・。




  1. 2006/03/09(木) 10:18:38|
  2. 上海ならでは!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
  次のページ >>

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。