それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ひまーな週末

最近、テレビの調子が悪いんです。
それも、大体、木曜あたりから観れなくなるから、週末はテレビなしが多くて。
日本にいるときは週末は散歩しながら、買い物して、電車なしで歩いたり・・・などなど、のんびりかつそこそこ充実の週末でした。
ここでは、週末は特に人が多いし、空気悪いし、で、出掛ける気ゼロ。
テレビなしの家にいると、本が結構読めるからいいけど、そんなに長くは続かないもんで。
で、先週いくつかDVDを買って、週末はこれ観るぞーと気合い入れました。
まずは「離婚弁護士2」。
1も好きだったから観てみたら、やっぱり、天海祐希のこわれっぷりがパワーアップ。
あとは、会社の人から借りた「バンドオブブラザーズ」。
(BOXで借りちゃいました。6枚組み)
ちょっと前にWOWOWでやってた戦争のドラマ。
10話もあるけど、中だるみしないでどんどん観れます。
あとはすごく古いドラマで「都会の森」。
旦那さんが前に見たらおもしろかったというので買ってみました。
これは15年も前のドラマで、主演の高嶋政伸も黒木瞳もすっごく若い。
15年前だと、都庁も建設中だったようで、東京の映像も心なしか高層ビルが少なめ。
演技がちょっとわざとらしくて、セリフも??なことが多い。
でも、ストーリーは期待できそうです。
まだ1話しか観てないけど、「15年前ってこんなだったっけ?」と
勉強できてしまうというおまけ付きでした。
日本でドラマの再放送っていうと結構最近のばかりだから、古いドラマを観るのも意外とおもしろい。
スカパーとかでは古いのもやってるみたいだけど。
上海に住んでいて、テレビが観れなくて時間があるからこそ、観れるものの一つかなーと。
ビデオに録るほどではないけど、何かしながら観てるから、ところどころ見逃してるっていうドラマって以外に多いものです。
上海で暇すぎるのも、ちょっとはメリットあるんでしょうかね?
でも、勉強もしないと・・・。

スポンサーサイト


  1. 2005/08/29(月) 09:42:07|
  2. TV・DVD・ドラマ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

同じこと考えるのねー。

今日のネタはハッキリ言っていつもよりもっとマニアックです。宣言しておきます。
実は何週間か前からすごく気になる人がいて・・・。
それは、毎週土曜日と日曜日の夜7時からのニュースに出てる人です。(もちろんNHK)で、その人は気象予報士の女の人です。
前の気象予報士の女の人は、ちょっと痩せすぎてて倒れちゃうんじゃないかとこっちが心配してたけど、確か先月くらいに新しい人に替わったような。
その人の何が気になるかと言うと、松田聖子にそっくりなところ。
で、しばらく気になってたけど、名前も解らず・・・。私たち夫婦の間では「聖子」と呼ばれてました。
何の根拠があってか、旦那さんが言うには「聖子度80%」らしい。意味不明。
でも、先週末、見てたら「山本志織」という人だったようで。
誰か私たちと同じ感想を持った人はいないかなーと、Googleで見てたら、いくつもヒット。何人かの人はブログで紹介してて、「知的な松田聖子」とか「松田聖子を意識しているに違いない」と書いているので、ビックリ。
たまに「こんな事考えるのって自分くらいかなー」なんて思うときがあるけど、やっぱり、同じような事考えている人がいるものねー。
こんなことで、ちょっと嬉しくなるなんて正に日本人。
やっぱり、今日のエントリーはいつもより更に独り言でした。




  1. 2005/06/14(火) 10:57:08|
  2. TV・DVD・ドラマ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【人間の証明】と佐藤二朗さん

去年の夏、日本で放送されてた「人間の証明」を昨日やっと見ました。1977年に公開された映画は何年か前にビデオで見ましたが、原作は終戦直後の話なので、この時代をどうやって変えるのか気になるところ。そこは終戦ではなくて70年代の学生運動の時代を基に描かれてました。
40年以上も前の話を今の時代に合わせると考え方や行動に無理が出てくるから、リメイクって難しいでしょうねー。
竹野内豊の主役は思ったより良かったぁー。影がある感じで。
もっとすごいのは松坂慶子。すっごく冷たい人間で、怖かった。でもキレイでビックリ。
映画の岡田茉莉子から人間らしいところをとった感じ。
2時間の映画を連ドラにすると中だるみしそうだけど、いろんな話を混ぜていたから結構テンポよく見れました。最後はもう少しじっくり描かれてても良かったかな??
で、主人公の先輩の刑事でいやーなタイプが気になりました。
早速、調べたら「佐藤二朗」という人らしい。いろんなドラマに脇役で出てるから顔は結構知られているかも。(ドラマの「砂の器」にも出てました)上には弱くて、下には厳しい人で、「嫌な奴ー」って気になってしまう「逆感情移入タイプ」でした。やっぱり劇団の人って存在感が違うなー。これから注目していこう!
おととし頃から「白い巨塔」、「砂の器」、「黒革の手帳」などなどリメイクブームだったけど、あとは何が作られるのかなー?




  1. 2005/05/30(月) 11:19:38|
  2. TV・DVD・ドラマ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。