それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

酸辛湯

今日はもう一つ。
上海は共働きの夫婦が多いためか、インスタント食品やお惣菜が多いらしい。
日本からも、味の素やカップラーメンや、レトルトカレーなんかが進出してます。
私が重宝しているのは「クノール」の「酸辛湯」(サンラータン)と「黒胡椒酸辛湯」。
辛くて酸っぱいのは私の好物なので、日本にいるときは自分で挑戦してたけど、簡単なものがあったので、挑戦してみました。
お水に粉末スープのもとを入れて温めながらかき混ぜると、あっという間に「酸辛湯」
酢とこしょうとラー油の味がちゃんと出てて、ちょっとあんかけっぽい感じになります。
私が作ってたのより、辛味のほうが強いけど、美味しい。
本当はとき卵を加えるけど、そこは省略。でも、香菜は入れます。これでこそ「酸辛湯」
香菜(パクチー)好きの私にとって嬉しいのは、ここは、大きな束が安く売っている事。多すぎて食べれない事もあるけど。
日本の家の近所では買えない物なのに。
香菜をもっと食べれるように、フォーでも作ってみようかな。
でも、どうやって作るんでしょう・・・??まずは食材探しから。


スポンサーサイト


  1. 2005/06/20(月) 10:27:25|
  2. 好吃!!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お花屋さん

最近、更新をサボってました・・・。
約1年近く、週に2回中国語を習いに行ってます。休みもなく結構続いているけど、それは担当の先生がとってもいい人だったのが大きな理由です。(上達は全然してないけど)
その先生は人気があって、評判も良かったけど、この度、昇進。
先週が最後の授業だったので、ここで何かお礼を・・・と思ってたけど、なかなか思いつかず。
で、パッとひらめいたのがお花。私はもらうとすごく嬉しいからいいかなーと思って。
去年上海にオープンした日本人オーナーのお花屋さんで初めて買ってみました。2軒あって、比べてみると、ホテルの中に入っている方が豪華でキレイだと思い、こっちに決定。黄色い花を中心にいろんな種類の花がバランス良く入ってました。
で、先生にプレゼント。喜んでくれたかな??
それは、さておき。このお花屋さんのオーナーは20代後半くらいの女性。地元の新聞にも取り上げられた人らしい。お店もきれいで種類も豊富。
もう一人の日本人の女性はケーキ屋さんを経営。前に記事を読んだらとにかく、前向き。行動力がすごい。この二人の社長さんはお互いに提携しているらしい。
上海は日本人が何万人っているらしいけど、サクセスストーリーみたいなのを良く聞きます。
日本人が多いと言う事は成功する人も、そうでない人も多いということかもしれないけど、外国で会社を興すというのはただただ尊敬です。
最近、焼肉に凝り始めて、どれだけたくさん食べれるかを真剣に考えている私とは大違い。焼肉をたくさん食べても、誰も尊敬はしてくれないし、食べ放題だと、店員さんも「食べすぎだよー、赤字だよー」と内心穏やかじゃないのが現実。
「私も何かしないと!」と思って「まずは腹ごしらえだ!」と考えて食欲を最優先にする私はサクセスストーリーには縁のない人物ってことです。
でも、今日はブログも更新したし、何か食べようっと。
やっぱり、これが私の日常のようです。




  1. 2005/06/20(月) 10:08:24|
  2. 上海ならでは!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。