それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

カルフールにて

ちょっと、前の事だったんですが、書き忘れてたので・・・。
先週、うちから歩いて20分くらいのところにある、「カルフール」に行きました。
うちの近くは日本人率が低いので、ココのカルフールも地元の人多し。
品揃えは、もう一つのよく行くスーパーより、カルフールの方が良いので、時々利用しています。
で、その日、サランラップを買おうと思って見ていたら、大きいのに小さいのがサービスで付いている物を発見。
「ちょうどいい」とおもってたら、その場の店員のおばさんが、大きいのが2本組みになっているのを、私に勧めてきて、おまけに、「これはいい」とか言いながら、私が持っている方を取り上げようと。
そこまでして勧めるか!と思って、「小さいのが欲しいんだ!」っていったら、「ヘッ」だって。
そんな態度だから買いたくなくなるんだよー。
で、呆れつつ、レジに並んでると、前の人がお金払うのに時間かかってたら、私の後ろのおばさんが、ブツブツ文句言いながら、私のカゴを押して来た。
「もう少し、待てないのかねー」なんておもってたら、私の番に。
で、店員さんが小さい袋にジュースやらを詰めたから、これは破れると思って、もう一枚ビニール袋をもらいました。
で、お金払って、自分で袋に入れようとしたら・・・。
後ろにいたおばさんが、私のビニールを取り上げて・・・。
一瞬、なんだか分からなかったけど、ビニールを広げて、荷物を入れるのを手伝ってくれた。
なんだ、いい人なの?
でも、眉間にしわ寄せて、急にそんなことするから、私は怒られているような気分になってしまった・・・。
「謝謝」て言うのがやっと。
モタモタしてたら、ドーンと押されそうな勢いだったので。
「上海の人は優しい人が多いよー」なんていう言葉は信じてなかったのですが、こういうことなんでしょうか?
でも、やっぱり、怖かった。
「優しい」=「笑顔つき」という法則はないようです。

スポンサーサイト


  1. 2005/08/22(月) 10:04:35|
  2. 上海ならでは!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。