それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

スタバはできたけど・・・。

携帯のプリペイドが切れそうなので、買いに行ってみたらビックリすることが。
いつも行く電話会社の支店が隣の駅から歩いて15分くらいのところにあって、
2ヶ月ぶりに行ってみると・・・。
前回来たのは7月。
そのときから、道路の工事は始まってたのですが、今回はそれが拡大されてました。
駅からすぐのところに、作家の「魯迅」の記念公園があって、
まず、その前の地面がキレイにタイル張りに。
快適、快適と思って歩いていると・・・
その目の前に、なんと「スタバ」が!!
私の住んでる区内には「スタバ」なんてオシャレなものは一軒もなく。
今日見たところは、上が新築のマンションで、1階に「スタバ」とコンビニ。
実家の近くにスタバができたときより、感動してしまいました・・・。
で、少し歩くと、にぎやかな通りになるんですが、
そこにはユニクロや吉野家、ミスドがありました。
ユニクロは広くていつでも空いてるから何度か行った事があったけど、
7月に閉店!
今日見たら、なんと、ミスドも閉店。
吉野家は何とかやっているようでした。
やっぱり、駐在の日本人はいないし、学生ばっかりの町だから、
日本ブランドはあんまりメジャーじゃないんだろうか?
それにしても、撤退するの、早過ぎ!
ショックで帰り、新しいスタバに寄ってみました。
でも、昼時なのに、ガラガラ。
上海中心のスタバはお昼時は席がない時だってあるくらいなのに・・・。
たとえお客さんが少なくてもスタバにはしばらく頑張って欲しいです。
たまには頑張って電車乗って行こうかな?
スタバのために電車に乗って行くのも変だけど。


スポンサーサイト


  1. 2005/09/09(金) 15:32:29|
  2. ちょっと困ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お好み焼き、失敗

天ぷら粉がたくさん余ってるから、何か作れないかと思ってしばらく考えてました。
なぜか、ビビッときたのが「お好み焼き」。
材料全部はそろわなくても大丈夫かなーと思いつつ、
いろいろ調べたら、「山芋」が必要らしい。
そうです。生れてこのかた、お好み焼きは作ったことがないんです。
「食べ」専門。
で、スーパーに行ったら、ちょうどよく「山芋」が。
豚肉とキャベツも買って、早速作りました。
粉に山芋をすって入れてみたら・・・。
ん?山芋が茶色っぽい。
粉と卵と混ぜてみたら、チョコバナナみたいな色に。
でも、だし汁を足して、キャベツと豚肉を入れて、焼いてみました。
焼き上がりは、グレーっぽい。
食欲が出る色ではありませんでした。
でも、大量に作っちゃったから、結局全部焼きました。
食べてみると・・・。
山芋の味が強い。もちもちはしたけど、チヂミみたい。
ソースよりポン酢かな?
そんなにまずくはないけど、お好み焼きではないし、美味しくはない。
保険に別の夕食を作っておいて良かった。
昼間しばらく、お好み焼きもどきを食べないと。
料理のカンが鈍い私は、目分量じゃなくて、正確に計量しないとダメなのねー。
作った後に、天ぷら粉の袋を見たら、お好み焼きレシピが・・・。
「山芋」って書いてない!
いらなかったのか・・・・。
今度は山芋無しで挑戦してみよう。
量も半分くらいにしないと、またお好み焼きもどきランチになっちゃうな。
お好み焼き作れる人って、スゴイ!!です。




  1. 2005/09/09(金) 09:51:21|
  2. ちょっと困ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。