それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

恒例の予定表作り

もう少しで中国は大型連休になるので、私たちも一時帰国予定。
近いからと言う理由のためか、年に何回かは帰国してます。
帰りすぎのような気がしますが、リフレッシュは大事だし・・・。
で、いつも、帰るときは持って帰るものがほとんどないので、準備はとっても簡単。
準備のなかで、恒例かつ重要なのが帰国中の予定表作成。
食べるのが趣味、それ以外ない、という私たちが決めるのは、
ズバリ「何を食べるか」です。
友達と会うのはだいたい昼間だから、夕食の予定が必要。
日本で食べたい美味しいものをたくさん挙げて、予定を決めるというものです。
上海でも日本の食べ物が食べられるけど、これはまた別物のようで。
お寿司やサラダは特に恋しくなってます。
これをかなり真剣にきめるけど、ふと我に返った瞬間、
「私たちって食べる以外何もないんだー」とちょっと悲しくもなるけど。
でも、帰国中の「今しか食べれない」という心理は怖いもので、連日食べ過ぎに。
強迫観念に近いかも。
一番、すごかったのは今年の2月、旧正月の帰国。
2週間ちょっとの間に、5キロ増量。
服を買わないといけないくらいだったので、今回は気をつけます。
メリット無さそう。
精神的には満足してるからいいのかな?
只今、勉強そっちのけで、予定を考えてます。
海外に住んでいる日本人が帰国するときは、同じこと考えるのかな?


スポンサーサイト


  1. 2005/09/21(水) 15:14:30|
  2. 上海ならでは!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。