それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

のだめカンタービレ

今回も日本から本を買ってきました。
またもや、予想以上にヒットだったのは、マンガ。
「のだめカンタービレ」という二ノ宮知子先生のマンガです。
結構前から続いているようですが、最近、ドラマになるとかならないとかで
知ったので買ってみました。
簡単にまとめると、「野田恵」ちゃんのあだ名、「のだめ」が出てくる
音大学園モノ。コメディ。みんなのキャラが濃い。
クールで天才の主人公「千秋」(男)はまともだけど、
のだめちゃんはじめ、合コン大好きなドイツ人の天才指揮者、
ラーメン屋の息子で、ヴァイオリン科の男の子などなど。
「カンタービレ」は専門用語で「歌うように」という意味のようです。
やっぱり、「面白い本(マンガが主)」ってストレス解消にはもってこいだ!
DSCN0089.jpg

実は、この二ノ宮先生の作品はずーっと前に読んだ事があって。
その名も「平成よっぱらい研究所」
この先生は、とにかく酒が好きのようで、
酒の上での失敗談や、武勇伝(?)を書いたマンガです。
飲みすぎて、テンション上げすぎたり、真面目な話を語ったり、
記憶をなくしたり・・・・など忘れたい事があるときに読むと、
「上には上がいたんだー」と自分の恥など消え去ってしまうくらいのマンガです。

日本にいる間、「のだめ~」の1巻をとりあえず買って読んだら面白かったので、
その後、2~4巻を買ってきましたが、もう既に、読み終わってしまった・・・。
続きが読みたくなってます。
旧正月の帰国までガマンです。
やっぱり、「大人買い」してくればよかったかも。
こっちにきたら、手に入らないのに・・・・。
ちょっと後悔です。


スポンサーサイト


  1. 2005/10/20(木) 09:25:45|
  2. 上海ならでは!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。