それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

気がついたら・・・。

上海に来る前は仕事をしていたんですが、制服以外ではスーツを着ることもしばしば。
普段もスカートをはくことも多かったけど、
上海に来る前に、
「汚れてもいいもの」、「洗濯機で洗ってもいいもの」、「汚れが目立たないもの」
がいいと聞いたので、それ以来、ジーンズ系ばかりに。
スカートも一応、何枚か持ってきたけど、結局一度も着なかったので、
日本に持って帰ってしまった。

で、最近、ふと気がつくと、仕草がすっごく雑に。
つまり、女らしさと言うものが、無くなってきてしまいました。
もともと、微々たるものだったけど。
家でソファーに座ってる時、気がつくと膝が離れてきたり、姿勢が悪くなったり。

上海に来ると、いろんなことが面倒になって、自分の国に帰ったとき、
びっくりする欧米人も多い、と聞いたことが。
ついつい、外国だと、着やすい物中心になってしまって、
さらに、行動まで変わってくるのかもしれない。
仕事をしてないから、上司やお客さんに気を遣うこともないし。
このままでは、いけない!
と、焦ってはいるけど、1年半で築かれたものはなかなか直せないかも・・・。
そのうち、手で鼻をかみ始めたら、どうしよう・・・。
それは絶対ないかな?

スポンサーサイト


  1. 2005/11/30(水) 09:30:45|
  2. ちょっと困ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

毎回、忘れます。

最近、美味しいものに当たる確率が多いです。
先日も、憧れブロガーさんと行ったパスタやさんも美味しかったし、
(久々に本格的な味のパスタ食べられた~)
「蜂蜜屋」のカステラも美味しかった!

で、美味しいものを紹介しているブログに、美味しそうな写真も載っていることがよくあります。
私も、せっかくデジカメの使い方もちょこっと解ってきたし、
記念にもなるし、ということで、デジカメを活用しようかと・・・。
外出のときはできるだけ、デジカメを持参するよう心がけてました。

でも、写真がないんです。
それは、「写真の事をすっかり忘れて、食べてしまう」から。
食べるのが「趣味」?「生きがい」?の私が、「写真を撮る」ことを
思い出せるはずもなく・・・。
さらに、太太さんと会話が弾んでしまったら、「話す」と「食べる」で
思いっきり楽しんでるし。
でも、美味しいパスタもカステラも、消えてしまってからじゃ、遅いです。
食べる前に、ちゃんと写真を撮れる人って、すごい!

「三度の食事より○○が好き」と言葉は、
読書やテレビやいろんなものに当てはまるかもしれないけど、
先日、旦那さんに、「三度の食事より好きなものってないでしょ?」
と聞かれ、「ない!」と即答した自分に気付いてしまった。
そういえば、ときどき「食べる楽しみってすばらしい」と真面目に言って
旦那さんが「ハイ、ハイ」と言っている時もあるような・・・。
だって食べるのが好きだから、しょうがないよー。



  1. 2005/11/29(火) 09:18:19|
  2. ちょっと困ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

もうすぐ100時間

上海に来てから、ずーっと同じ語学学校に通っています。
はじめはグループで、その後、着いていけなくて1対1のレッスンに。
で、この学校は何時間かまとめてお金を先払い。
その後、毎回授業の最後に、回数の書いてある表にサインをするというシステムです。

はじめは夫婦で100時間を分ける、というカタチで申し込んだけど、
旦那さんにいろんな事情があって、私が全部引き受けることに。
1回2時間の授業だから100時間で50日分。
週に2回だから、25週分と、結構長い予定になってしまいました。

実はもう残り、4回。
もう、そんなに授業受けたのかーという感じです。
ほとんど上達してないし。

前にも書いたけど、前の先生は雑談から会話をして行こうというタイプ。
今の先生は、基礎が一番。
あと、普通は使わない言い回しはどんどん直すというタイプ。
つまり、真逆なんです。

私は基礎を固めずに、時間だけが過ぎていったから
ピンイン(アクセント)もかなりめちゃくちゃ。
何でも、基礎が大事なんですねー。

日本に帰ったら、「中国語習ってました」っていうのはやめておこうかなー。
とりあえず、100時間が終わっても更新はしないでおきます。



  1. 2005/11/28(月) 09:20:32|
  2. 中国語って難しい!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

テトリス

上海に来る前に、日本の携帯は解約してきたんですが、
電話帳に入ってる番号やアドレスを何かに移すのも面倒だし、
捨てるのも嫌なので、そのまま持ってきました。
しばらく電源を入れてなかったら、充電が切れてしまったので、
その後、帰国したとき、充電器を持ってきたのがいけなかったのかも。

その携帯はゲームにテトリスが標準装備されていたのですが、
ちょこっと始めたら、止まらなくなってきました。
旦那さんも、私が使ってないときに、遊んでいるようです。
久しぶりにテトリスやったら、ハマってしまいました。
頭をあまり使ってないから、頭の体操にはいいかも?
なんて、プラスに考えてるけど、これでずーっと遊んでるのはもったいない。
でも、ハイスコアを見たとき、旦那さんに抜かされてると、
無性に勝ちたくなってきてしまいます。
同い年の夫婦だから、お互いに勝ち気になっちゃうのかも。
でも、「テトリスで競っている夫婦」ってのはどうなんでしょう??
この勝ち気さが中国語に向いてたら、お互いに上達したかもしれない・・・。
テトリスするために、携帯持ってきた訳じゃないのに。




  1. 2005/11/24(木) 12:16:31|
  2. ちょっと困ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

便利なフタ

私の母はかなりの通販ファンです。
実家に帰るたびにいろんな通販グッズを発見します。
前回帰ったときは、今年の夏に私が上海で買おうかかなり迷った「ラテラルサイトレーナー」がリビングにドーンッと置いてあったし。
今でも使っているかは不明。
私と母親の性格は似ているから、多分ホコリかぶってるでしょう。

で、前回、実家に行ったとき、こんなものをくれました。
20051125114837.jpg

ちょっと分かりにくいのですが・・・。
シリコンでできたフタです。
写真の右はお茶碗に使ったものです。
もらいものなので、名前が分かりません。
ラップの代わりに使えます。
始め、「まあ、もらっておこうかなー」くらいに考えてたんですが、
これが予想以上に便利。

私はそそっかしいので、何かをレンジで温めて、ラップをはずして捨ててから、
まだ温まってなかった・・・ともう一度ラップをすることがあります。
そんなときも、これならまたすぐにフタできる!
なんだか、自分が通販の宣伝してる人みたいになってます・・・。

洗えば使えるし、かなり丈夫。
料理を作りすぎて、冷蔵庫に入れるときが結構ある人には便利かも。
少しはゴミ減量につながるかな?





  1. 2005/11/23(水) 11:59:02|
  2. いろんな発見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ふきんとぞうきん

この話題は、ちょっとキタナイ話になります。ご注意ください・・・。

日本では、だいたい「食器用ふきん」「お手ふき」「台ふきん」「ぞうきん」は別物のはずです。
でも、昨日聞いて驚いたことが。
旦那さんの会社には1杯1元(14円)のコーヒー販売機があるらしい。
自販機が来たばかりのとき、飲んでみたら水が臭くて、
それ以来飲んでいなかったようです。
で、あるとき、ふとその自販機を掃除しているおばさんを見たら・・・。
トイレとかのぞうきんで、そのまま自販機の中も拭いていたらしい。
缶の自販機ならまだしも、コーヒーを作って、カップに入れるタイプなのに。
旦那さん、すごくショックを受けたようです。

で、偶然、今日、同じような状況を目撃してしまいました。
マンションの地区に入る正門のところに、飲料水(中身不明)の自販機が置いてあります。
屋外に置いてあるのが気持ち悪くて、買ったことはないんですが。
最近、日本のスーパーなんかにある、空のペットボトルを持っていって
水を入れてくるタイプです。
ふと、見ると自販機の後ろを開けて、おじさんが掃除を。
でも、手にしている布を見てビックリ。
布が黒いんです。
もともとの色ではなくて、明らかに使って変色したようです。
大掃除の後のぞうきんのようです。

確かに、日本みたいに何種類も使い分けるのは面倒なんだろうけど。
やっぱり、「拭いてきれいにする」の感覚が違うんでしょう。
うちのマンションのエレベーターでも、犬がそのままおしっこしてしまって、
その後に掃除のお姉さんが、モップで拭くけど、そのまま、他の場所も拭くから、
かえって臭いが広がってしまう・・・と言うことも「よく」あります。

神経質かなーとも思うけど、一度現場を見てしまうと、ショックが大きいです・・・。




  1. 2005/11/21(月) 18:29:23|
  2. いろんな発見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

懐かしい味

日本では「いつでも買える」と思って、買わないのに、
上海にいるからなかなか買えないと思うと、余計に欲しくなることがあります。
お菓子やジュースなんかも、急に欲しくなることが。
で、先日旦那さんがふと「カルピスが飲みたい」と。
日本からの直輸入のカルピスなら売ってるかな?と思いつつ、
スーパーで探してみると、中国で作られてるカルピスを発見。
20051121114641.jpg

昔のイメージでは紙に包まれた茶色のビンだったけど、(何十年前?)
今は日本でも紙パックになっていたような。
見たことはあったけど、カルピスそのものを買ったことは
ここ数年ありませんでした。
旦那さんはホットカルピスがいいらしく、作って飲んでみると、
おいしい。
私は冷たい夏の飲み物と言うイメージだったからホットを飲んだことは
なかったけど、ホットもいいものです。
すごく懐かしい味。
懐かしい味ということでホッとする上に、
温かい飲み物だからさらにホッとします。
パックには16杯分なんて書いてあったけど、すぐに飲んでしまいました。
また、買わないと。
でも、チョコをつまみながら、カルピスをのんでたら、
カロリーがかなり高くなりそう。
それも夜だし。
寒くなると、さらに甘いものが恋しくなるのは私たちだけでしょうか?
いや、寒さから身を守るためだから(?)仕方ないのか・・・。
こうして毎年冬は脂肪が付いていくんですねー。





  1. 2005/11/18(金) 10:34:55|
  2. 好吃!!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

間違えやすい字

上海には日本人が多い分、日本のレストランや、商品もたくさんあります。
その時に使われる日本語が「???」という時がよくあります。
日本語をかなり知っている人なら間違えない事でも、
日本語をあまり知らない人が間違えてしまうポイントがあるようです。
例えば、「赤坂」と「大阪」の「さか」が間違ってたり。
よく行くお惣菜やさんの看板に「赤阪」と書いてあって、
そういう地名があるのかなと不思議に思ったりもしたんですが、
多分、間違いかな?
日本のDVDもよく売っていますが、パッと見るとかなり本物のように見えます。
でも、よく見ると、注意書きとかがめちゃくちゃ。
分からないなら、書かなくてもいいのに・・・。
間違えやすいのは「る」と「ゑ」、「ヤ」と「セ」、「さ」と「ち」、「ン」と「ソ」みたいです。
それから、カタカナの「-」が縦書きになると「|」に変わることとか。
たとえば、「このDVDンフトは、専用プレイセーを使用してくだちい」とか。
「くだちい」はちょっと可愛いかも?
前に学校の先生からアメリカの映画を借りたとき、
裏に「1983年イギリス」って日本語でかいてあってびっくり。
本当は「2004年アメリカ」のはずですが。
まあ、ぱっと見たとき、輸入品ぽく見えればいいかー。
みたいな感じなんでしょうか。
私もよく、授業中ノートに「ダ」と書くとき「的」と「地」と「得」
と間違えますが・・・。
外国語の間違いに気付くようになるには、相当勉強しないとダメなようです。




  1. 2005/11/17(木) 11:12:50|
  2. 上海ならでは!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

洋服代支給制度

旦那さんの会社は今でもかなり中国の制度が残っているようです。
他の海外系の企業はどうなのか知りませんが。
中でも、驚いた制度は、毎年、冬になる頃、「洋服代」が支給されます。
でも、買うお店は決められてます。
去年は「第一百貨」という、古いデパート。
その時はそこの領収書と引き換えに、会社でお金をくれました。
今年はその隣の「新世界城」というデパート。
で、今年はここのプリペイドカードをもらいました。
通勤するための「洋服代」としてもらうので、食べ物や電化製品はダメみたいです。
で、今日、旦那さんより一足先に、買いに行きました。

古い建物だと思ってたら、改装したようで、キレイでびっくり。
かなり、外国のブランドも入ってました。
で、決められた金額内で靴でも買おうと思って値段見たら、
中国のブランドでもみんな1万円くらいして、またまたびっくり。
これだと靴1足で終わっちゃう。

去年の「第一百貨」は、中国のブランドで、安いものをたくさん売ってたんですが・・・。
「新世界城」では、高いものが多くてびっくりしました。
海外ブランドと同じくらい中国国内のものも売ってたけど、今日まで
「中国のブランド=お手ごろな値段」だと勝手に考えてました。
値段が高くても品質が良ければいいけど、その辺はよく分からなくて。
いくら支給されたものでも、「試し」で高いものを買うのは嫌だし。
ということで、いろいろと見た挙句、やっと7000円くらいの靴を買いました。
これでもかなり安いほうです。割引されてたし。

上海の普通の商店街なんかはセーターが300円くらいで売ってたり、
(デザイン、品質は問えませんが)
デパートでは数万円のセーターが売ってたり・・・。
上海の物価は未だにわかりません。





  1. 2005/11/16(水) 18:35:46|
  2. いろんな発見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

なんちゃって??

今日、授業中、先生が面白い言葉を教えてくれました。
たとえば、ある人が自分で女優だとか言ってて、外見も派手なんだけど、
本当は普通の人とかいう場合、(ちょっと無さそうな状況だけど)
「冒充」と言う単語を使って「あの人はニセモノ女優だね」などと、
冗談で言うことがあるそうです。
本当は「欺く」と言う意味らしいけど、冗談でも使えるそうです。
で、そんな話をしていたとき、「じゃあ、日本語ではなんて言うの?」
と聞かれまして・・・。
一瞬考えたけど、こんなとき日本語で何て言うっけ??っていい言葉が出てこない。
「あの人は女優のつもりだね」かな?
でも、なぜかとっさに出てきたのが「あの人はなんちゃって女優だよね」というフレーズ。
先生はのみ込みが早いので、「じゃあ、なんちゃっての後は名詞が来るのね」なんて言ってるし。
いや、違う。そんなことは多分言わない。
私の地元だけ??死語??
なんて、考え直して、結局、「多分、今の若い子は意味すら知らないかも。」と。
先生、笑ってました・・・。

中国語を勉強してて痛感するのは、日本語をしっかり知らないと、
中国語の勉強も難しいという事です。
とっさに「補語」とか「副詞節」とか言われてもピンとこないし。
特に、独特な言い回しの使い方を間違えると、そのまま中国語も間違えて理解しちゃいます。
いい意味を込めて使う言葉と、少し悪い意味を込めて使う言葉の違いとか。
旦那さんにもよく「こんな言葉知らないの?」とか「読み方知らないの?」なんて驚かれている私。
学生時代から、活字が嫌いで、国語全般が苦手だったし。
時代劇とかに出てくる「たいまつ」を「松明」って書くって先月知ったし。
(あまり生活には関係ないけど)
上海では旦那さんと話す事がほとんどだから、いろんな状況に応じて
日本語を使い分けるなんてことも、できなくなりつつあります。
うーん、中国語だけじゃなくて、日本語も難しい・・・。




  1. 2005/11/15(火) 12:02:10|
  2. 中国語って難しい!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

北海道蟹味?

上海で売っているお菓子は、外国企業が中国に進出して中国で作っているものが多いようです。
日本でもグリコや明治の中国版のお菓子が売ってます。
チョコは日本のと中国版は味がちょっと違うからあまり買わないけど、
ときどき買うのはポテトチップ。
これはアメリカの会社が中国で作っているもの。
名前は「Lay's」と言うのですが、中国版のも美味しい。
で、面白いのが、いろんな味の種類があることです。

うす塩味以外に、レモン味、イタリアン(チリソースっぽかった)、バーベキュー、きゅうり味、九州海苔味、北京ダック味、カニ味、などなど。
きゅうり味なんてかなり珍しいと思うのですが。
味はさっぱり系でした。
まずくはなかったです。(すごく美味しくもなかったけど)
個人的にはレモン味も結構好きです。

で、今日お店で発見したのが「北海道蟹味」
すごい名前です。
20051115103037.jpg

食べてみたら・・・。
匂いだけはカッパえびせんぽい。
食べると、うーん、言われるとカニ風味かな?
でも、まずくはないです。
濃い味が好きな人にはお勧めです。

食べ終わってから、旦那さんが一言。
「北海道のカニのモトじゃなくて、上海蟹とか使ってるんだろうなー」
そりゃ、そうでしょうね。
中国でよく見る、「名前だけ日本」商品の一例でしょう。
それでも、北海道に行った気になって、
北海道限定のお菓子を食べてるということにします。




  1. 2005/11/14(月) 17:53:00|
  2. 好吃!!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

工事の早さ

またまた、携帯のプリペイドの期限が切れるので、お店に行ってきました。
結局、前回行ったとき(この日です)以来、2ヶ月ぶりの四川北路。
駅からお店までの道路が大工事中でした。
お店の前は泥が積まれてて、いくつかの建物の外側も改装中のようでした。
それから2ヶ月経って行ってみると・・・。
驚くくらいにキレイになってました。
道路はきれいなアスファルトで平らに。
歩道もタイル張りに。
ミスドの後には若い子向けの洋服やさんが。
改装中の建物には新しい入り口が。などなど。

上海に来て驚いたのは、「変わるのが早い」という事です。
たぶん、日本みたいに建築基準が細かくない、とか、
日本では少しずつ工事する、とかの違いからかもしれないけど。
工事してる人たちを見ると、タバコ吸ってのんびりしてるように見えるけど。
上海は多分「ここを工事する!」って決めたら、道路1ブロックとか
平気で一気に壊して、工事を始めてる気がします。
確かにうちの前の道路も300メートルくらいを一気に工事してたなー。
あとはあまり売れないお店は、撤退するのが早い。
特に洋服のお店とか。
「上海は活気があって・・・」とか日本のテレビでよく聞いたけど、
きっと大きい工事をたくさんしてるからと言うことも含まれてる気がするのですが。

まだ吉野家はあったけど、次行くまで残っているのかちょっと気になります。




  1. 2005/11/11(金) 17:36:03|
  2. いろんな発見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

バーガーキング

時々、無性にハンバーガーが食べたくなります。
ジャンクフードなのは分かってるけど、ガマンできない!
で、もう既に、日本からは撤退してしまった「バーガーキング」が、
夏に上海に初上陸。
で、何度か食べたけど、今回はテイクアウトにして、写真も撮れたもので。

日本にあったときは、学校帰りとかによく寄ってて、かなりの頻度で通ってました。
いつも食べてたのは、たしかリブサンド。(何度も食べたのに忘れた)
長方形のバーガーでした。
で、日本では普通のバーガーをほとんど食べたことなかったんです。

前回、上海のバーキンで食べたときはジュニアという小さめのハンバーガーを注文。
でも、日本の普通のサイズと同じくらいだから、そんなに小さくはないです。
今回は旦那さんの分も買うことになってたので、
メニューの一番端にあるレギュラーサイズを、注文。
で、実物を見たら、デカイ。
20051111104310.jpg

マックのビッグマックは大きさは普通のとほとんど同じで、2層になってるけど、
これは、厚さは普通のと同じで直径が大きい。
味は上海のマックより美味しかったー。
アメリカに行った気になって食べました。(かなりセコイです)

店員さんは人数が多いのに、商品を出すのがすごく遅かったのが、
やっぱり気になりました。
ポテト作るところに、5人集まって雑談しなくてもいいのに・・・。




  1. 2005/11/09(水) 10:00:18|
  2. 好吃!!|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:3

折り返し地点?

最近、生活のリズムが崩れて、昼寝して、DVD見て、夜眠りが浅くて、昼間眠くなって・・・の繰り返しで。
それも、「古畑任三郎」を見始めたら、止まらなくなってしまって・・・。
新しいネタも無く、更新なんてできませんでした。

上海に来る前に、赴任は3年くらいという話を聞いてたのですが、
それ以上になるか、それ以下になるかも解らず。
でも、最近、3年以上という可能性は無くなって、
もしかしたら、もっと短くなるかも、なんて説もあったり。

で、ふと考えてみたら、今、上海に来てから、1年半が過ぎたのですが、
3年以内と言うことは、半分過ぎている?と。
折り返し地点という事になります。
それを考えたら、急に焦り始めまして。

来た当初は、「まずは中国語、ある程度勉強したら、別のおけいこ事」
なんて考えてたので、
中国語のみを勉強してたんですが。
予想以上に進展せず。(明らかに勉強量不足)
他のお稽古どころではない。半分言い訳だけど。

このままでは、上海生活のなかで、何も残るものが無いじゃないか!
で、どうしようか考えてたんですが。
中国茶や中国料理、中国の楽器などなど、現地ならではの習い事があるのですが、
一時期ほど習い事熱も冷めてしまい、無気力状態。
一度、ある中華料理の学校に申し込みに行ったら、
「お友達、3人以上連れてくれば、開講できます」と言われ、
上海にそんなに知り合いがいない!とすぐに諦めた経緯がありまして。
それに、家にいたら退屈かなーとも思ったけど、意外と普通に過ごしてるし。
DVD観たりとか、昼寝したりとか。

よく考えてみたら、「夏休み最後の方になって、宿題ができてなくて焦る」
「夏期講習なんかに申し込みたいけど、手続きが面倒くさそうだからやめる」
と言う状況と似ていないかな?
やっぱり、人間って10年経っても、20年経っても変わらないものなんですねー。

それでも、やっぱり、何かしないともったいない!




  1. 2005/11/08(火) 09:30:57|
  2. 上海ならでは!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

和菓子とケーキ

学校の帰り、食材を買ってから、どうしても、無性にお菓子が食べたくなってしまいました。
で、いつもはシュークリームを買っているのですが、
今日は何だか和菓子もケーキも食べたくなって・・・。
ということで、日本食スーパーのそばにある日本人女性が経営しているお店に行きました。
前にも書いたお花屋さんと提携しているお店です。
そこはなぜか和菓子もケーキも売ってます。
見てみると、小さな和菓子の詰め合わせが。
それと一緒にモンブランとチョコレートケーキも。
20051104134614.jpg

モンブランを食べてみたら、ほとんど日本の味。美味しい。
モンブランの下はロールケーキでした。
スポンジも結構、しっとり。
前に食べた中国のケーキとは違いました。
中国のケーキ屋さんの生クリームは味が甘いだけで、ちょっとぼやけた味。
チョコレートケーキは旦那さんがキープ。
(ひそかに「やっぱり、食べていいよ」って言ってくれるのを待ってます。)
和菓子はうぐいすもち(たぶん)が日本の味、そのままでした。
これも美味しい。
久々にこしあんを食べました!
日本茶に合います。

急にこんなに甘いものが食べたくなるのは、疲れているんだ、なんていい訳したけど、
お腹苦しいデス。





  1. 2005/11/03(木) 18:07:37|
  2. 好吃!!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

水煮魚

日本から出張に来ている会社の人と夜、食べに行く事になり、
久しぶりにあの「水煮魚」を食べに行くことになりました。
前回から5ヶ月ぶりです。
何時に集合できるか時間が読めなかったし、ローカルなお店なので、
予約なんてできないし、ということで、直接行ってみると・・・。
水曜の7時過ぎで、満席。
待っている人もいました。それも、5組くらいも。
結局、待つ事、40分。やっと座れました。
メニューの中に写真が何品か載っているので、適当にオーダー。
でも、大好きな「水晶エビ」が品切れ・・・。
仕方なく小さい方に。
水煮魚は大きい方を頼んでみました。
他の料理を食べつつ、ビールを飲みつつ待っていると、また洗面器が!
今回は唐辛子と山椒を取ってきてから、持ってきました。
20051104095426.jpg

こんな感じです。
辛くて、油たっぷりだけど、やっぱり、美味しい!
マイペースにビールを飲んでしまいました。
(一応、日本から来た人を招待したと言う名目なんですが・・・。ダメ妻デス)

途中、店員の女の人が、旦那さんに「Japan?」ってなぜか聞いてきて、
その後から、ずーっとにらまれているような気がして、
3人でヒヤヒヤしてました・・・。
ローカルな店って怖いよー、と実感してしまいました。
でも、結局、ただ単に目つきがコワイだけだったのかもしれません。
いや、サービス業なら目つき悪いのは良くないんじゃないの??

ちなみに、5品の料理とビール5本、紹興酒1本で290元(4000円ちょっと)
やっぱり、安い。
場所:四平路510
沸騰魚酒家
すごいお店の名前・・・。



  1. 2005/11/02(水) 18:04:09|
  2. 好吃!!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ブーツと靴屋の店員さん

日本から持ってきているブーツが古くなってきたので、
浦東の正大広場というところに買い物に行って見ました。
ここに行くのは実はまだ3度目。
この場所は、有名なテレビ塔のすぐそばにあります。
テレビ塔って近くで見るとなんかコワイ。

で、このショッピングモールはいろんなブランドやデパートが一緒になっているところです。
ブーツを探してみると、靴屋がたくさんあって、迷ってしまいました。
安くてすぐ壊れるのも嫌だし。高いのを買って、汚れるのも嫌だし・・・と悩みながらあるお店へ。
いろいろ見てたら、派手すぎず、落ち着いた感じのデザインが多いお店でした。
ブーツを買うときは、足が太くても履ける短めのものを選んでます。
で、一つのブーツを見ていたら、案の定、店員さんが「履いてみて」と。
こうなると、もう、店員さんのペース。
座って、片方足を入れてみると・・・
「きつそう、いや、これ上までファスナー閉まらないよ」なんて
思ってすぐ脱ごうとしたら、店員さんが、無理やり、ファスナーを上げ始めた!
「無理だよー。今壊したら私が弁償するのかな?」なんて考えながら焦ってたけど、
店員さんの力で履いてしまった。
「だんだん、革が柔らかくなるから問題ない」
でも、足首に血液が行ってないみたいなんですけど・・・。
このままでは買わされてしまう。

ということで、別の少し太めのブーツを選んで、「こっちを履いてみる」と。
また、店員さん張り切ってしまいました。
またまた、ファスナーを張り切って上げてくれました。
少し太めのブーツでも、キツイ。さっきよりマシだけど。
中国の人って本当に足が細いんだー。
日本なら、「ちょっとゆったり」とかいうサイズもあるのに。
でも、まあ、何とか履けそうだから結局買ってしまいました。
これを長い時間履いてたら、足首から下の血行が悪くなるかな・・・?
革が柔らかくなってくれればいいのですが。

それにしても、2人いる店員さんがピッタリくっついて、対応してくると、
買わざるを得なくなってしまいます。
断れない日本人なもので・・・。




  1. 2005/11/01(火) 18:09:54|
  2. 上海ならでは!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。