それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

気がついたら・・・。

上海に来る前は仕事をしていたんですが、制服以外ではスーツを着ることもしばしば。
普段もスカートをはくことも多かったけど、
上海に来る前に、
「汚れてもいいもの」、「洗濯機で洗ってもいいもの」、「汚れが目立たないもの」
がいいと聞いたので、それ以来、ジーンズ系ばかりに。
スカートも一応、何枚か持ってきたけど、結局一度も着なかったので、
日本に持って帰ってしまった。

で、最近、ふと気がつくと、仕草がすっごく雑に。
つまり、女らしさと言うものが、無くなってきてしまいました。
もともと、微々たるものだったけど。
家でソファーに座ってる時、気がつくと膝が離れてきたり、姿勢が悪くなったり。

上海に来ると、いろんなことが面倒になって、自分の国に帰ったとき、
びっくりする欧米人も多い、と聞いたことが。
ついつい、外国だと、着やすい物中心になってしまって、
さらに、行動まで変わってくるのかもしれない。
仕事をしてないから、上司やお客さんに気を遣うこともないし。
このままでは、いけない!
と、焦ってはいるけど、1年半で築かれたものはなかなか直せないかも・・・。
そのうち、手で鼻をかみ始めたら、どうしよう・・・。
それは絶対ないかな?

スポンサーサイト


  1. 2005/11/30(水) 09:30:45|
  2. ちょっと困ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。