それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

クリスマス一色

上海のいろんなお店はクリスマスの飾りで華やかです。
去年より、さらに華やかなのは気のせいかな?
ツリーもあるし、イルミネーションもかなり派手になってます。
店内を飾るだけじゃなく、店員さんも赤い帽子(クリスマスのときよく見るあれです)
をかぶってたり。

先日、上海の中心にある伊勢丹に行ってみたら、
建物の中庭(吹き抜けになってるところ)にいろんな臨時のお店が
所狭しと並んでました。
今は上海クリスマス商戦の真っ只中らしい。
アクセサリーのお店の店員さんも、キャンドルのお店の店員さんも
みんな、普通の制服に、赤の帽子。
おばさんも帽子。
ちょっと奇妙な光景でした。
でもまあ、クリスマスだし・・・と訳分からないことを考えてたら、
一つのお店のお姉さんが、売り場の中で、麺を食べてました。
キャンドルに囲まれて、赤い帽子かぶったお姉さんが
ラーメンらしきものをすする姿、上海ならではですね~。
せっかく、キレイにしてるんだから、売り場でご飯を食べるシステムは
やめたほうがいいのに・・・。
それも、デパートなんだから。

日本がバブルのときは学生だったのでイマイチピンと来ないけど、
上海がすごく景気がいいのは私でも分かります。
海外のものがどんどん入ってくる上海だからこそ、
マナーやエチケットも取り入れてほしいと考えてるのは
私だけじゃないはずです。

スポンサーサイト


  1. 2005/12/15(木) 13:14:45|
  2. 上海ならでは!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。