それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

幸せの証?

以前、学校の授業で先生が言ってたんですが、中国では
「太るという事はその人がいい物を食べて豊かで幸せの証」という考え方があるようです。
だから、誰かが太ったとしたら「太って良かったね」とほめ言葉で言うこともあるそうな・・・。
先生も実家に帰るとお母さんが「また太ったわね、良かったねー」と
たびたび言うと言ってました。
娘が結婚して都会で幸せに暮らしていると実感しているんでしょう。
(でも先生は全然太ってなかったけど)

ずーっと忘れてたけど、最近この話を思い出すことが。

先日、またまたニットのオーダーに行った時のこと。
2人の店員さんは私の顔を覚えていたらしく、開口一番、
「あー、太ったね。太った、太った」と。
何度も、何度も。
何か、遠慮もなく、むしろ嬉しそうに。
あまりにもストレートに言われたので「はい、太りました。日本に帰ってたんで」と、
素直に認めましたよ・・・。
これってほめてたのかな?それともからかわれた??

で、前回作ってもらったサイズを参考にしてもらおうとしたら、
「太ったんだから2センチ大きくする?」とか。
前回のサイズも小さいわけじゃなかったから、「そのままで大丈夫」と。
何度「太ったから・・・」と言われたか・・・。

もちろん、太りましたよ。でも3キロくらいですよ。
3キロでも十分太りすぎだけど。
でも去年の春節は5キロ太ったんだから、それに比べたらまだ少ない!
(そういう問題じゃないですね・・・)

最近の若者はもちろん、「太った」言われるのを嫌っているらしい。
私も若者じゃないけど、「おかげさまで」とか「ありがとう」なんて
気持ちには絶対なりません!!

さて、これでダイエットに励めるかな??



スポンサーサイト


  1. 2006/02/17(金) 10:27:16|
  2. 上海ならでは!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。