それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ドラえもん級??

昨日、ダンナサンが仕事から帰ってきたとき、
すごく疲れた表情をしててちょっとビックリ。
最近、忙しいはずはないんだけど(失礼!)

そしたら、終業の10分ほど前に、ダンナサンのデスクの向かいに
いるおじさんが、
「ホエッッ、ヒョエッッ、ホエッッ」って叫び出したらしい。
ダンナサン、そのオジサンの声の大きさにビックリして、
「心臓発作?」なんて心配したら、

次の瞬間に「らおしゅー」って、また叫んだらしい。
少しだけ中国語を勉強していたダンナサン、それが瞬時に
「ねずみ」と分かったらしく、その場から逃走。
それも、なぜかひざ掛け持ったまま。
ダンナサン、ドラえもんくらいにネズミが苦手なんです。
ハムスターもダメなくらい。

で、すぐに逃げたからネズミは見なくて済んだらしい。
でも実際はすごく小さかったらしいけど(上司談)

ダンナサン、オジサンの声とネズミいるオフィスがイヤになったらしい。
とりあえず、「中国語勉強してて良かったね。分からなかったら見ちゃったもんね」と
的外れだけど、なぐさめてあげました。

そのおじさん、体も大きくて、普段はどちらかと言うと、ふてぶてしいタイプらしい。
そのおじさんも相当ネズミが苦手なんでしょう。



スポンサーサイト


  1. 2006/02/28(火) 12:55:46|
  2. いろんな発見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。