それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

いいお客さん?

毎週土曜日はちょっと遠出して、外食するのが最近のパターン。
だいたい、週末はどこも混んでる。
でも、混んでるのはイヤな私たちは、いつも早めにお店に。
5時オープンのお店なら、5時半くらいに予約。
オープン直後で、最初のお客さんになって、大勢の店員さんに
迎えられるのは、苦手なもので。
特に上海は店員さんが、これでもかってくらいに多いので、
最初に入ると、有名旅館のお出迎えみたいになってしまいます・・・。
小心者の私たちにはちょっとキツイ。

お店に入ってから、パパッとメニューを見て、注文。
で、飲んで、食べ始めるんだけど、もともと、早食いの私たちは
あっという間に食べ終わります。
一応、会話も楽しんでるけど、毎日話してるし、特別新しい話題もなく。
職場や主婦の友達と一緒のときは、いろんな話をして、あっという間に時間が経つけど。

食べてるうちに、どんどん、お客さんが入ってきて、
混み始めるけど、その頃にはすでに少しほろ酔いに。
混んできて、店員さんがちょっと落ち着かなくなってくると、すぐ会計。
お皿をさげるのが早いし。
だいたい1時間以内でお店を後に。
6時半にはタクシーつかまえてます。
お酒飲んで、1時間ならいいお客さんかも??
その後、家に帰って食べるおやつが、また、楽しみ。
「お店にとって、なんていい客なんだろう。」といつも2人で、
自画自賛してます・・・。

それにしても、いつも思うのは、
私たちが行った上海のレストラン、すべてが、
「他の席はガラガラ」「空いてる席も予約席ではなさそう」
な時でも、席を詰めて、座らせようとする。
前に行ったところは、私たちのすぐ隣に、夫婦1組を案内。
テーブルの間にはつい立もないし、話は全部聞こえるし、なんか気まずい。
せめて、1テーブル間を空けて案内して欲しいです・・・。

スポンサーサイト




  1. 2005/12/20(火) 11:28:12|
  2. 上海ならでは!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokochan.blog9.fc2.com/tb.php/104-46ca0662
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。