それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

交差点にて。

今日も、暑いと思いつつ、近所のスーパーへ。
上海では大きな交差点に、交通指導員のようなおじさんやおばさんがいるのですが・・・。
今はどうか知らないけど、日本でもよく小学校の登校時におじさんたちがいましたねー。
でも、上海はそんな優しいもんじゃあ、ありません。
みんな笛を持っているんですが、どこで誰を指して鳴らしているか分からず。
信号待ちのとき、歩道から一歩でも車道に出ていると、「ピピーッ」と笛を鳴らされて、おじさんとかですら、ちゃんと歩道まで戻る事もよくあります。

今日はすごいおばさんパワーを見てしまった・・・。
スーパーの近くの大きな交差点は、片側3車線ずつの道路で、
信号が変わるまで結構時間がかかるから、
信号待ちのときは、みんな、近くの木陰とかに集まってます。
で、歩道ではなく、車道の端っこに、指導員さん用のパラソルがあるんだけど、車道だからそこには歩行者は近づけない。
でも、今日見たおばさんは、普通に車道に降りて、一人パラソルの中へ。
そりゃー、指導員のおばさんも黙っているわけがありません。
指導員さんは目の前で、思いっきり怒ってて、「歩道に下がれ」みたいなことをいってました。
でも、歩行者のおばさんは、全然動じず。
「もう向こうに渡るんだから」みたいなことを言って、譲る気なし。
言葉は分からなくても、ジェスチャーが大きいから、内容はわかりました。
信号が変わるまで、多分、数分だけど、その間、ずっとそのやり取り。
私だったら、目の前で大声出されて、笛吹かれたら、すごすごともどるけどなー。
そのおばさん、信号が変わったら何事もなく、道路を横断してました。
強い。そのパワー見習いたいわ。
いや、見習ったら、トラブルだらけになるに違いない。
そのすごいパワーは、どこか別のところにもちゃんと使っているんだろうか・・・?
やっぱり、上海でもおばさんは強かった。
スポンサーサイト




  1. 2005/08/12(金) 17:28:10|
  2. いろんな発見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokochan.blog9.fc2.com/tb.php/42-325832ec
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。