それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

サービスとは?

昨日、日系の某航空会社に行った時のこと。
そこのカウンターは日本語と英語を話せる中国人の女性が数人います。
日本語もかなりペラペラで敬語もちゃんと使うしすごいなーといつも感心してますが。
でも、仕事ができる人と、できない人の差がちょっとありすぎる気が前からしてたんですよねー。
聞かなくてもちゃんと説明してくれる人と、ちょっと聞きなおすとキレ気味になる人と・・・。
と言っても、日本のいろんな会社やお店でもそうなんだけど。
昨日はたまたま、2人の社員がいて、ヤル気なさそうな感じ。
私が入ったときは、お客さんがいなかったから、少しだけ愛想がいい人のほうへ。
その後、すぐに60代くらいの中国人のおじさんが来てもう一人のカウンターへ。
そのおじさんはどうやら、上海から日本へ行って、その後アメリカにも行きたいようで、いろいろと質問してました。
でも、その社員は椅子の背もたれに寄りかかったまま、やる気無さそーに答えてました。
「その態度はないでしょー」と私は心の中でツッコミを入れてたら・・・
突然、おじさんが「マネジャー出せ」とか言い出した!
その社員は慌てて、「ここには誰もいません」と応戦。
おじさん、勢い止まらず。
「態度がすごく悪い」とか「サービスを知っているのか?」とか
「お客さんはいつも正しいものなんだ」とか
「○ナイテッドや○ースウエストに変えてもいいんだ!」
などなど。
サービスに対して激怒されてました。
いやー、私もそう思ってたんですよ。
でも、言えないし。
「おじさん、サービス向上のためにもっと言ってやって!」
とか注文したくなったけど、心の中だけで。
そうしたら、後から来た別のおじさんが
「謝ってるからいいじゃない」とか仲裁し始めた。
注意されても直るとは限らないから、もっとちゃんと言った方がいいのに。
明らかに「マネージャー出せ」って言うまでは、謝ってなかったよなー。
お客様より、エラそうな社員をいろんなところで見るけど、
なんで、こっちが気を遣わなくちゃならないのさー。
やっぱり、お客様にはいいサービスを提供して欲しいものです。
航空券だって値上がりしてるんだから、サービスでカバーして欲しいよ、まったく。

スポンサーサイト




  1. 2005/08/31(水) 10:11:51|
  2. 上海ならでは!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokochan.blog9.fc2.com/tb.php/52-7c88fff5
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。