それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

パーソナルスペース?

大体の人は、知らない人が自分との距離を無視して、近づいてきたら警戒すると思うんですが。
電車の中で席がたくさん空いているのに、自分のすぐ隣に座ってきたら、いくら女の人でも、すごく警戒してしまうと、本で読んだ事が。
そんなパーソナルスペースというのが誰にでもあるものだと思ってたけど、上海は関係ないようです。
たとえば、スーパーのレジ。
この間も、後ろのおじさんが急接近。
痴漢かスリに間違えられてもおかしくないですよー、と忠告したいところ。
レジのレーンの上に、品物を置いたら、おじさんに押されて、気が付いたら、私の品物の前におじさんがいて。
私が買い終わらなければ、自分の番にならないのに。
家の玄関でも。
うちは1階の入り口が、鍵を入れて、その後に、手動でドアを引く。
という、半オートロックのドアなんですが。
私が鍵を入れて開けようとしたら、おばさんが急接近。
私とドアの間に入り込んで、開けて行ってしまった・・・。
おばさん、ホントに、スリに間違えられますよー。
スーパーで何度かあったのが、すれ違いざまに、おばさんの二の腕が私の二の腕にぶつかるというもの。
あのー、汗かいてベタベタしてるんだから、お互いに気持ち悪いデスよねー。
って、思ったけど、気にならないのかな?
パーソナルスペースって地域によっても違うものなんでしょうか??
私がそんなにボーっとしてるわけはないんだけど。
スポンサーサイト




  1. 2005/09/06(火) 12:56:03|
  2. ちょっと困ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokochan.blog9.fc2.com/tb.php/56-d82c7ae1
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。