それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

のだめカンタービレ

今回も日本から本を買ってきました。
またもや、予想以上にヒットだったのは、マンガ。
「のだめカンタービレ」という二ノ宮知子先生のマンガです。
結構前から続いているようですが、最近、ドラマになるとかならないとかで
知ったので買ってみました。
簡単にまとめると、「野田恵」ちゃんのあだ名、「のだめ」が出てくる
音大学園モノ。コメディ。みんなのキャラが濃い。
クールで天才の主人公「千秋」(男)はまともだけど、
のだめちゃんはじめ、合コン大好きなドイツ人の天才指揮者、
ラーメン屋の息子で、ヴァイオリン科の男の子などなど。
「カンタービレ」は専門用語で「歌うように」という意味のようです。
やっぱり、「面白い本(マンガが主)」ってストレス解消にはもってこいだ!
DSCN0089.jpg

実は、この二ノ宮先生の作品はずーっと前に読んだ事があって。
その名も「平成よっぱらい研究所」
この先生は、とにかく酒が好きのようで、
酒の上での失敗談や、武勇伝(?)を書いたマンガです。
飲みすぎて、テンション上げすぎたり、真面目な話を語ったり、
記憶をなくしたり・・・・など忘れたい事があるときに読むと、
「上には上がいたんだー」と自分の恥など消え去ってしまうくらいのマンガです。

日本にいる間、「のだめ~」の1巻をとりあえず買って読んだら面白かったので、
その後、2~4巻を買ってきましたが、もう既に、読み終わってしまった・・・。
続きが読みたくなってます。
旧正月の帰国までガマンです。
やっぱり、「大人買い」してくればよかったかも。
こっちにきたら、手に入らないのに・・・・。
ちょっと後悔です。
スポンサーサイト




  1. 2005/10/20(木) 09:25:45|
  2. 上海ならでは!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

おかみちょんさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

よっぱらい研究所がバイブルですかー。わかります!落ち込んだときに読むと、「さらに上がいるんだー」となぐさめられますね。
のだめの中国語版ってどんな感じなのでしょう?
音楽の専門用語とかも漢字ですよね??
面白そうですね。

これからブログにおじゃまさせて頂きます!
こちらこそ、よろしくお願いします。
  1. 2005/11/29(火) 17:36:20 |
  2. URL |
  3. toko #-
  4. [ 編集]

初めまして

枝から枝を渡り歩いていたらtokoさんのblogに辿り着きました♪
私も夏から上海に住んでいる主婦です。

いやぁ、ついのだめに反応してカキコしちゃいました。
私ものだめ大好きで、よっぱらい研究所はバイブルと化してます(笑)
お酒飲めませんが。
落ち込んだときに読むようにしてました。
(今は日本のトランクルームですが)
のだめの中国語版は香港に行くと買えます(笑)
香港には日本のほとんどのマンガが繁体字化されて販売されているようですね。
だんなの出張のときに1冊だけ頼みました~。

ということでこれからもよろしくお願いします。
( ̄∇ ̄)ノ
  1. 2005/11/29(火) 10:08:31 |
  2. URL |
  3. おかみちょん #xuconuKw
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokochan.blog9.fc2.com/tb.php/71-a5c956bb
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。