それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「日高見」と塩辛

今回、一時帰国していたとき、仙台に行ってみました。
私の周りの転勤になる人、全員が絶賛する仙台!
一度行ってみたかったんです。
去年の年末、BSで「伊達政宗」(若かりしころの渡辺謙が主役)の総集編も観たし、仙台が熱かったんです。
で、行ってみると、便利で、自然も多くて、食べ物が美味しくて、良いこと尽くめ。
貴重な牛タンも食べてきました。
仙台市内の牛タンやさんの半分以上が、営業をやめてしまったようです。
残念なことです・・・。
食べてみると、今まで食べてた牛タンの薄さはなんだったんだろう?と思うほどの食べ応え。
それは、さておき。

仙台のいくつかの居酒屋さんで目にした「日高見]と言う日本酒が気になってました。
早速、飲んでみると辛すぎず、甘すぎずで、飲みやすい。
今回、お土産に買って、上海に持って来ました。
冷酒が良いそうなので、冷蔵庫へ。
飲んでみると・・・。
やっぱり、美味しい。
全然日本酒に詳しくはないんですが、美味しい!と思いました。
私の経験では、同じものを口にしたとき、また「美味しい」と思うものは
何度食べても、飲んでも美味しいのではないかと、思います。
一度目は、たまたまお腹が空いてて、より美味しく感じただけで、
次は「あれ?こんなんだったっけ??」と思うことも、時々あるもので。

夜、塩辛をつまみながら「日高見」を飲んでいると、
「日本?」と思ってしまいます。
あと半分しかないのが、ちょっと寂しい。
やっぱり、日本酒もいいなー。
スポンサーサイト




  1. 2005/10/25(火) 18:33:07|
  2. 好吃!!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokochan.blog9.fc2.com/tb.php/74-5227c74a
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。