それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ブーツと靴屋の店員さん

日本から持ってきているブーツが古くなってきたので、
浦東の正大広場というところに買い物に行って見ました。
ここに行くのは実はまだ3度目。
この場所は、有名なテレビ塔のすぐそばにあります。
テレビ塔って近くで見るとなんかコワイ。

で、このショッピングモールはいろんなブランドやデパートが一緒になっているところです。
ブーツを探してみると、靴屋がたくさんあって、迷ってしまいました。
安くてすぐ壊れるのも嫌だし。高いのを買って、汚れるのも嫌だし・・・と悩みながらあるお店へ。
いろいろ見てたら、派手すぎず、落ち着いた感じのデザインが多いお店でした。
ブーツを買うときは、足が太くても履ける短めのものを選んでます。
で、一つのブーツを見ていたら、案の定、店員さんが「履いてみて」と。
こうなると、もう、店員さんのペース。
座って、片方足を入れてみると・・・
「きつそう、いや、これ上までファスナー閉まらないよ」なんて
思ってすぐ脱ごうとしたら、店員さんが、無理やり、ファスナーを上げ始めた!
「無理だよー。今壊したら私が弁償するのかな?」なんて考えながら焦ってたけど、
店員さんの力で履いてしまった。
「だんだん、革が柔らかくなるから問題ない」
でも、足首に血液が行ってないみたいなんですけど・・・。
このままでは買わされてしまう。

ということで、別の少し太めのブーツを選んで、「こっちを履いてみる」と。
また、店員さん張り切ってしまいました。
またまた、ファスナーを張り切って上げてくれました。
少し太めのブーツでも、キツイ。さっきよりマシだけど。
中国の人って本当に足が細いんだー。
日本なら、「ちょっとゆったり」とかいうサイズもあるのに。
でも、まあ、何とか履けそうだから結局買ってしまいました。
これを長い時間履いてたら、足首から下の血行が悪くなるかな・・・?
革が柔らかくなってくれればいいのですが。

それにしても、2人いる店員さんがピッタリくっついて、対応してくると、
買わざるを得なくなってしまいます。
断れない日本人なもので・・・。
スポンサーサイト




  1. 2005/11/01(火) 18:09:54|
  2. 上海ならでは!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokochan.blog9.fc2.com/tb.php/81-cfaeb46f
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。