それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

間違えやすい字

上海には日本人が多い分、日本のレストランや、商品もたくさんあります。
その時に使われる日本語が「???」という時がよくあります。
日本語をかなり知っている人なら間違えない事でも、
日本語をあまり知らない人が間違えてしまうポイントがあるようです。
例えば、「赤坂」と「大阪」の「さか」が間違ってたり。
よく行くお惣菜やさんの看板に「赤阪」と書いてあって、
そういう地名があるのかなと不思議に思ったりもしたんですが、
多分、間違いかな?
日本のDVDもよく売っていますが、パッと見るとかなり本物のように見えます。
でも、よく見ると、注意書きとかがめちゃくちゃ。
分からないなら、書かなくてもいいのに・・・。
間違えやすいのは「る」と「ゑ」、「ヤ」と「セ」、「さ」と「ち」、「ン」と「ソ」みたいです。
それから、カタカナの「-」が縦書きになると「|」に変わることとか。
たとえば、「このDVDンフトは、専用プレイセーを使用してくだちい」とか。
「くだちい」はちょっと可愛いかも?
前に学校の先生からアメリカの映画を借りたとき、
裏に「1983年イギリス」って日本語でかいてあってびっくり。
本当は「2004年アメリカ」のはずですが。
まあ、ぱっと見たとき、輸入品ぽく見えればいいかー。
みたいな感じなんでしょうか。
私もよく、授業中ノートに「ダ」と書くとき「的」と「地」と「得」
と間違えますが・・・。
外国語の間違いに気付くようになるには、相当勉強しないとダメなようです。
スポンサーサイト




  1. 2005/11/17(木) 11:12:50|
  2. 上海ならでは!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokochan.blog9.fc2.com/tb.php/89-753dca7e
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。