それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2006年初ブログ更新!

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
年末日本に一時帰国したので、更新できませんでした。
また、細々とではございますが、ブログを続けようと思いますので
よろしくお願いいたします。

去年のお正月は上海で過ごしました。
どんなものかな?と思ってたけど、ずっと家にいて、紅白を観て、
遠くでやっている花火を家から見て、寝ただけで、何もしませんでした。
お節も作らず(日本にいても作れないケド)、淡々と時間が過ぎていきました。

今年は運良く、会社のチケット制度を使えることになったので、帰国する事に。
でも、また今月中に春節(旧正月)で中国が祝日になる時に
帰国するのですが・・・。
家族にも呆れられました・・・。

それはさておき、日本のお正月って改めて考えると、とっても不思議。
朝からお酒飲んでもいいし、ダラダラと食べてていいし、良い風習だ~。
今回はお互いの実家にも行って、食べすぎ、飲みすぎました・・・。
嫁としては旦那さんの実家に行ったら、お手伝いしないといけないのに、
「せっかく中国から帰ってきたんだから座ってて」
と言われると、「いえ、いえ」とも言わず、
「そうですかー?」と。
「お雑煮食べる?」「はい」「ご飯炊けたけど食べる?」「はい」
と、遠慮の「え」の字もない嫁。
帰るときは、ビールの空き缶の数がすごい事に・・・。
来年からはちゃんと、お互いの実家でちゃんとお手伝いします。(たぶん)

夫婦してブクブク太ってきたので、春節まで痩せようと思います。(予定)





  1. 2006/01/07(土) 10:51:33|
  2. 上海ならでは!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

いい日~。

今日はかなりいい日でしたー。上海ではめずらしい日かも??
市の中心地までお出かけをして、またまた買いすぎてタクシーに。

上海にもいろんな会社のタクシーがあって、一流会社から、
ボッタクリのタクシーまであるようです。
で、できるだけ大きな会社のタクシーを選ぶようにしてます。
運転手さんの経験もランク別されてて、(これは乗ってみないと分からないけど)
運転席にある免許証に星が付いてます。
5個が最高らしいけど、ゼロ~3個が多いかも。

で、今日は運良く、最大手の「大衆」タクシー。
経験上、あまりハズレがないもので、結構好きなんです。
乗ってみると、運転手さんもニコニコした人で、さらに安心。
ちなみに星は1個。新人さんより、ちょっと上くらいなんでしょうか?

うちまでの道はいろいろあるけど、結構近い道を行ってくれた。
途中、ちょっと混んでたけど仕方ないなーなんて思いながら、家に到着。
いつもはだいたい30元(450円)10km以上で。
今日も30元だったから、プリペイドカードで支払い。
そしたら、運転手さんが自分の現金を出してて、
何してるんだろう??なんて思ってたら、
「遠回りしちゃったから、お金返します」って5元を渡そうと。
道が空いてたって、25元以上はするんだから、5元も返す必要はないのに。
「全然遠くなかったからいらない。」って言ったら、
「ありがとう」ってとっても謙虚。
こんないい運転手さんもいるんですねー。
謙虚な人をあまり見ない分、余計にこういう人が目立つものです。

今日はもうすぐ帰国する、憧れ奥様と美味しいランチにも行けたし、
(忙しいのに時間を割いてもらっちゃいました。ありがと~^^)
たくさん話せたし、帰りのタクシーはいい人だったし、
かなり久々のとってもいい日。
今日みたいな日があるから、こんな私でも上海で、何とか暮らせるのかも。





  1. 2005/12/23(金) 16:56:51|
  2. 上海ならでは!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

いいお客さん?

毎週土曜日はちょっと遠出して、外食するのが最近のパターン。
だいたい、週末はどこも混んでる。
でも、混んでるのはイヤな私たちは、いつも早めにお店に。
5時オープンのお店なら、5時半くらいに予約。
オープン直後で、最初のお客さんになって、大勢の店員さんに
迎えられるのは、苦手なもので。
特に上海は店員さんが、これでもかってくらいに多いので、
最初に入ると、有名旅館のお出迎えみたいになってしまいます・・・。
小心者の私たちにはちょっとキツイ。

お店に入ってから、パパッとメニューを見て、注文。
で、飲んで、食べ始めるんだけど、もともと、早食いの私たちは
あっという間に食べ終わります。
一応、会話も楽しんでるけど、毎日話してるし、特別新しい話題もなく。
職場や主婦の友達と一緒のときは、いろんな話をして、あっという間に時間が経つけど。

食べてるうちに、どんどん、お客さんが入ってきて、
混み始めるけど、その頃にはすでに少しほろ酔いに。
混んできて、店員さんがちょっと落ち着かなくなってくると、すぐ会計。
お皿をさげるのが早いし。
だいたい1時間以内でお店を後に。
6時半にはタクシーつかまえてます。
お酒飲んで、1時間ならいいお客さんかも??
その後、家に帰って食べるおやつが、また、楽しみ。
「お店にとって、なんていい客なんだろう。」といつも2人で、
自画自賛してます・・・。

それにしても、いつも思うのは、
私たちが行った上海のレストラン、すべてが、
「他の席はガラガラ」「空いてる席も予約席ではなさそう」
な時でも、席を詰めて、座らせようとする。
前に行ったところは、私たちのすぐ隣に、夫婦1組を案内。
テーブルの間にはつい立もないし、話は全部聞こえるし、なんか気まずい。
せめて、1テーブル間を空けて案内して欲しいです・・・。





  1. 2005/12/20(火) 11:28:12|
  2. 上海ならでは!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クリスマス一色

上海のいろんなお店はクリスマスの飾りで華やかです。
去年より、さらに華やかなのは気のせいかな?
ツリーもあるし、イルミネーションもかなり派手になってます。
店内を飾るだけじゃなく、店員さんも赤い帽子(クリスマスのときよく見るあれです)
をかぶってたり。

先日、上海の中心にある伊勢丹に行ってみたら、
建物の中庭(吹き抜けになってるところ)にいろんな臨時のお店が
所狭しと並んでました。
今は上海クリスマス商戦の真っ只中らしい。
アクセサリーのお店の店員さんも、キャンドルのお店の店員さんも
みんな、普通の制服に、赤の帽子。
おばさんも帽子。
ちょっと奇妙な光景でした。
でもまあ、クリスマスだし・・・と訳分からないことを考えてたら、
一つのお店のお姉さんが、売り場の中で、麺を食べてました。
キャンドルに囲まれて、赤い帽子かぶったお姉さんが
ラーメンらしきものをすする姿、上海ならではですね~。
せっかく、キレイにしてるんだから、売り場でご飯を食べるシステムは
やめたほうがいいのに・・・。
それも、デパートなんだから。

日本がバブルのときは学生だったのでイマイチピンと来ないけど、
上海がすごく景気がいいのは私でも分かります。
海外のものがどんどん入ってくる上海だからこそ、
マナーやエチケットも取り入れてほしいと考えてるのは
私だけじゃないはずです。



  1. 2005/12/15(木) 13:14:45|
  2. 上海ならでは!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

冷え性対策

上海に来てから冷え性になりました。
家の中が寒いというのもあるけど、
たぶん、シャワーだけだからと言うものあるかもしれないです。
我が家はバスタブはあるけど、
小さい、お湯が黄色い(入りたくない)、
バスタブの栓がきちっと閉まらなくてお湯が流れてしまう、
洗濯の排水ホースを動かさないといけない、
などなどのデメリットばかりなので、どんなに寒い冬でもシャワーです。

でもこれだけ寒いとすぐに足の指からスーッと冷えてきます。
血が通ってるのか?と思うくらい。
あまりにも冷たいと眠れないくらい。

そこで、自分でも対策(?)を考えました。
前に友達からいただいた「ホットストーン」
これは、熱湯で石を温めて使うもので、足の指の間に挟んでもいいし、
石を踏んで足裏を刺激してもいいんです。
すごく気持ちいいし暖かい。

あとは、にんにく。
焼肉屋さんとかでにんにくを食べると、その日はだいたい、
足の指先まで暖かい。
たぶんにんにくの効き目だと思ってます。

これで、上海の冬を乗り切れたらいいなー。
日本に帰ったときは、お風呂に長く入っていよう!

今、天気予報で「真冬並みの寒さ」って言ってるけど、
たぶん、気候がズレて今が真冬になってきてるんじゃないかな?
と、考えるのは、私と旦那さんだけでしょうか???





  1. 2005/12/12(月) 13:15:26|
  2. 上海ならでは!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<< 前のページ  次のページ >>

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。