それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

突然、停電!

最近、家の電気が不安定気味のようで・・・。
電灯とかも一瞬暗くなることもありました。

で、午後にパソコンをいじってたら、突然、足元の小さなヒーターが止まってしまった。
パソコンは充電してあるからそのままだったけど、
冷蔵庫の表示も、ウォシュレットも、湯沸かし器も。

上海のこういうことに、なんとなく慣れてきた私は
「そのうち直るだろう」ってそのままネットを続行。

10分経過・・・。
20分経過・・・。

あれ?直らない。
ちょうどそのとき旦那さんから電話があって、話してみたら、旦那さんも
「もうちょっと待ってみれば?そのうち直るよ」って。
やっぱり、こんな状況に慣れてきてます。

でも直らない。外に出ても停電のお知らせもない。
同じフロアの家はみんな留守みたいだから、他の家も停電なのかもわからない。
でも、外の廊下の電気は点く。
おかしい。

このまま夜まで電気が消えてたら、暖房もないし、シャワーも浴びれないし、真っ暗だ。
と、1時間ほどしてやっと焦りだす。
その頃、また旦那さんが電話をくれて、「どう?」
やっと焦り始めた私たち。
で、会社の修理の人にお願いして、来てもらいました。

いつもいろいろと修理してくれるその人が、電気の業者さんを連れて来てくれました。
でも、家の外側にある、電気の配線盤(?)を見てちょこっといじったら、直っちゃった。
ものの数分。
なんだったんだろう???

まあ、直ってよかったけど、電気ってやっぱりすごく大切なんだーと
実感した午後でした。

でも、寒い夜にとかじゃなくて良かったー。



  1. 2006/02/13(月) 20:25:07|
  2. ちょっと困ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

海外生活のデメリット??

上海に来る前に中国で生活するための本なんかを読んで情報収集してました。
そのとき、
「中国の生活後に帰国すると、日本では非常識な事を知らないうちにしてしまう」
と書いてありました。
そのときは「ふーん」くらいに思ってたけど。

現在上海生活2年弱の私たちはいつの間にやら行動が変わってきたようです。
上海では周りに日本語が解る人が少ないせいか、ついついそのときの感想をつぶやいちゃったりします。
たとえば・・・、タクシーの運転手が怒ってブツブツ文句言っていると、
旦那さんと「前の車に怒ってるんだねー」とか「でもこの運転手さんも相当、荒い運転してるよねー」とか。
で、ついつい、日本では「その場では言わないよ」って事も言ってしまう癖が。
でも、お互いにそんな癖に気付いてなかったんです。

で、この前、気付かされた出来事が・・・。

旅行先のハンバーガー屋にて。
私たちの前にいた日本人カップル。(多分、学生さんかな?)
注文は彼女が英語でしていて、席について番号が呼ばれるのを待ってました。
でも、マックとかみたいにちゃんと番号札があるわけじゃなくて
レシートの番号だけ。ちょっと解りにくい。
私たちも注文が終わって、商品を待っていた時、そのカップルの彼が、商品を取りにカウンターへ。
で、「この人たちの商品はずいぶん早いなー」なんて思ってたんですが、
その2人は食べ始めてました。
その後、店員さんがその間違えに気付いて、その人たちが注文した商品を
食べかけの商品を交換してました。
店員さん、不機嫌そうだったー。
で、そのとき、旦那さんが

「あ、食べちゃったのか」

もちろん、彼たちにも聞こえてましたよ・・・。
多分、彼にしたら、彼女にかっこ悪いところを見せちゃって
ショックだっただろうに、さらにうちの旦那さんの一言。
もうちょっと、その場を考えて発言しましょうよ!!

中国ではファーストフードも自分で片付けなくていいし、
(片付ける人の仕事がなくなるからお客さんは片付けないという考えらしい)
順番で並んでても人と人の距離がすごく近いし。

「郷に入っては・・・」だけど、帰国する時は気をつけます。
でも気付くかな???





  1. 2006/02/10(金) 10:32:50|
  2. ちょっと困ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

寒過ぎ・・・。

またまた久々の更新です。
いや、書いてなかったわけではなくて、何度か更新してたのに、
できなかったんですよねー。
何かの規制????

まあ、そんな間に、春節(中国のお正月休み)があり、
日本に帰国。その後すぐに旅行へ。
で、日本に帰国して、少ししてから上海に戻ってきたのですが・・・。
上海寒過ぎ
もちろん、日本も寒かったですが、家の中は暖房つければすぐに暖かくなる。
寝てる間は暖房つけなくても暖かいから、朝までグッスリなのに。

帰ってきた日の夜は寒くて3度も目が覚めました。
暖房をつけると、どうやっても顔に風が当たるし、
乾燥して喉がカラカラになってしまうので、つけなかったんですが・・・。
昨日は寝る直前まで部屋をかなり暖かくして寝たら、
1度しか目が覚めなかった。
しばらくこれで行こう!

一度、日本で生活して戻ってくると、部屋の寒さや、水のにおい、
シャワーの水圧の弱さに慣れるまで時間がかかります。
まあ、今週中には慣れるかな??




  1. 2006/02/09(木) 11:39:03|
  2. ちょっと困ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

冷蔵庫が温かい・・・。

今住んでいるところは、最低限の家具や電化製品がついてます。
半分くらいは前に住んでいた人が使ってたもの。
冷蔵庫は特に古くて、どこからか水も漏れてきたので、来てすぐに
換えてもらいました。
で、それから早1年7ヶ月。
サ○スンの2ドアタイプ。
サ○スンって日本では使ったことないけど、多分いいものだと、
思ってました。
でも、結構なぞのことが多く・・・。

冷蔵庫の上に温度表示があるけど、物を入れると急上昇しちゃいます。
買い物から帰ってパンやら野菜やら詰めてると
(と言ってもそんなには詰めないけど)あっという間に「13度」とかに。
冷蔵庫なのに・・・。
でも、冷蔵庫の中はひんやりしてるから、気にしないで使ってました。

で、昨日、新たに謎が。
冷蔵庫の中が3段になっていて、1,2段目はちゃんと冷えてるのに、
3段目の奥が温かい。
霜も全然付いてない・・・。
冷蔵庫でしょ??

原因を探る気もなく、他が冷えてるから様子を見ようと判断。
結局3段目の奥に物が触れないように食品を手前に置いて使ってみます。

海外の電化製品を使っていると、こんなありえない状況になったりするから、
だんだん慣れてきました。

洗濯機を使っていると、洗濯機がだんだん前に来るとか・・・。

まあ、冷えてればいいです。




  1. 2006/01/11(水) 11:37:06|
  2. ちょっと困ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

気がついたら・・・。

上海に来る前は仕事をしていたんですが、制服以外ではスーツを着ることもしばしば。
普段もスカートをはくことも多かったけど、
上海に来る前に、
「汚れてもいいもの」、「洗濯機で洗ってもいいもの」、「汚れが目立たないもの」
がいいと聞いたので、それ以来、ジーンズ系ばかりに。
スカートも一応、何枚か持ってきたけど、結局一度も着なかったので、
日本に持って帰ってしまった。

で、最近、ふと気がつくと、仕草がすっごく雑に。
つまり、女らしさと言うものが、無くなってきてしまいました。
もともと、微々たるものだったけど。
家でソファーに座ってる時、気がつくと膝が離れてきたり、姿勢が悪くなったり。

上海に来ると、いろんなことが面倒になって、自分の国に帰ったとき、
びっくりする欧米人も多い、と聞いたことが。
ついつい、外国だと、着やすい物中心になってしまって、
さらに、行動まで変わってくるのかもしれない。
仕事をしてないから、上司やお客さんに気を遣うこともないし。
このままでは、いけない!
と、焦ってはいるけど、1年半で築かれたものはなかなか直せないかも・・・。
そのうち、手で鼻をかみ始めたら、どうしよう・・・。
それは絶対ないかな?



  1. 2005/11/30(水) 09:30:45|
  2. ちょっと困ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
<< 前のページ  次のページ >>

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。