それでも上海で暮らしていくのだ
上海に来る前のイメージと全く違う「上海生活」    上海でのいろんな経験と失敗談です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

やっと晴れ間

上海は最近、ずっと天気が悪いです。
先週から天気が良かったのは1日だけだったような。
今日は久々に少し日が差してるので、洗濯を。

うちはベランダが無いから洗濯物を干すところが寝室の中にあります。
日は当たるけど、冬は結露がひどくなる。
乾燥しないのはいいことだけど、洗濯物が乾くのに時間がかかる。

実は先週、1度目のあと、2度目と3度目の停電があって、うんざりしてたところです。
もともと、節電するように心掛けてたけど、もっと節電してみようかと・・・。
洗濯物が乾かない時は、エアコンの下に洗濯物を置いて、
ちょっと乾かしたりもしたけど、それも今はやめて、エアコンもできるだけ消してます。
だから、昼間の日差しが頼り!!
もう少し天気がいいといいけどなぁ。

乾燥機があれば・・・。
でも、もしあっても、ウチだとまたすぐに停電しそう。
電気がないとどれだけ不便か実感してる今日この頃デス。




  1. 2006/02/23(木) 11:14:58|
  2. ちょっと困ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

幸せの証?

以前、学校の授業で先生が言ってたんですが、中国では
「太るという事はその人がいい物を食べて豊かで幸せの証」という考え方があるようです。
だから、誰かが太ったとしたら「太って良かったね」とほめ言葉で言うこともあるそうな・・・。
先生も実家に帰るとお母さんが「また太ったわね、良かったねー」と
たびたび言うと言ってました。
娘が結婚して都会で幸せに暮らしていると実感しているんでしょう。
(でも先生は全然太ってなかったけど)

ずーっと忘れてたけど、最近この話を思い出すことが。

先日、またまたニットのオーダーに行った時のこと。
2人の店員さんは私の顔を覚えていたらしく、開口一番、
「あー、太ったね。太った、太った」と。
何度も、何度も。
何か、遠慮もなく、むしろ嬉しそうに。
あまりにもストレートに言われたので「はい、太りました。日本に帰ってたんで」と、
素直に認めましたよ・・・。
これってほめてたのかな?それともからかわれた??

で、前回作ってもらったサイズを参考にしてもらおうとしたら、
「太ったんだから2センチ大きくする?」とか。
前回のサイズも小さいわけじゃなかったから、「そのままで大丈夫」と。
何度「太ったから・・・」と言われたか・・・。

もちろん、太りましたよ。でも3キロくらいですよ。
3キロでも十分太りすぎだけど。
でも去年の春節は5キロ太ったんだから、それに比べたらまだ少ない!
(そういう問題じゃないですね・・・)

最近の若者はもちろん、「太った」言われるのを嫌っているらしい。
私も若者じゃないけど、「おかげさまで」とか「ありがとう」なんて
気持ちには絶対なりません!!

さて、これでダイエットに励めるかな??





  1. 2006/02/17(金) 10:27:16|
  2. 上海ならでは!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

バレンタインだったのねー

昨日がバレンタインだったなんてすっかり忘れてました。
帰国した時に日本のデパートも早々とバレンタインの準備をしてて、
そのとき旦那さんに「いる?」って聞いたら「いらない」って。
で、そのまま忘れてました。

何にも考えずに、久光(日本食スーパーもあるデパート)まで
買い物に行ったら、すごい人!
今日は平日じゃないの???
若いカップルもたくさん。
お店の外にもバラが売ってたり、ジュエリーショップにお客さんが
たくさんいたり・・・。
多分、日本と違って、お互いにプレゼントをあげる習慣のようです。
チョコをあげる習慣もあるようで、チョコの売り場も人だかり。

中国、まさにバブルですね!

結婚する前からほとんどチョコをあげたことがない気が。
旦那さんは「特別な日にくれるよりチョコが食べたい時に食べたい」という考えなのかも??

でもたくさんの人が買い物をしているのを見て、さすがに「何かあげよう」と思いまして・・・。
「季の詩」で「どら焼き」と「大福」を1個ずつ購入。
その売り場はお客さんいませんでした。
そりゃー、バレンタインに買う人はいないでしょう。
(大福はちょっと違う感じだったけどどら焼きは日本の味でした)





  1. 2006/02/15(水) 10:16:36|
  2. いろんな発見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

やっぱり基礎

学校がなくて毎日さらにぐうたらな日々を送ってしまっている私も
さすがに最近は焦り始めました。
今までの上海生活の中で、何か残るものがないと、ちょっともったいない。

行動力のある人は、中国茶や、楽器、料理などなど新しいことに
挑戦しているようだけど・・・。
私は中国語しか習わなかったし、ということで、ちょっと復習でも。
この前、日本に帰ったときに問題集を買って来ました。

で、早速解いてみると・・・。
発音問題、惨敗

やっぱりなー。
中国語は発音と高低を決めるピンインというものを覚えないといけない。
にもかかわらず、「発音=暗記」=>「私は苦手」
と考えて逃げまくっていた私。
だから発音もめちゃくちゃ。ヒアリングもできない。
解ってたけど、点数で表れちゃうとちょっとショック。

でも今さら初級一から発音を覚え始めるなんて無理。
(また逃げてます・・・)
どうしよう・・・。

もし、今から中国語を勉強する人がいたら、
「絶対に発音を覚えないと大変な事になりますよ」と
アドバイスしたい。
「私が悪い例です」って。

やっぱり、何でも基礎、基本が大事なんですねー。
って1年半以上経って気付いちゃったよ・・・・。



  1. 2006/02/14(火) 09:49:03|
  2. 中国語って難しい!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

突然、停電!

最近、家の電気が不安定気味のようで・・・。
電灯とかも一瞬暗くなることもありました。

で、午後にパソコンをいじってたら、突然、足元の小さなヒーターが止まってしまった。
パソコンは充電してあるからそのままだったけど、
冷蔵庫の表示も、ウォシュレットも、湯沸かし器も。

上海のこういうことに、なんとなく慣れてきた私は
「そのうち直るだろう」ってそのままネットを続行。

10分経過・・・。
20分経過・・・。

あれ?直らない。
ちょうどそのとき旦那さんから電話があって、話してみたら、旦那さんも
「もうちょっと待ってみれば?そのうち直るよ」って。
やっぱり、こんな状況に慣れてきてます。

でも直らない。外に出ても停電のお知らせもない。
同じフロアの家はみんな留守みたいだから、他の家も停電なのかもわからない。
でも、外の廊下の電気は点く。
おかしい。

このまま夜まで電気が消えてたら、暖房もないし、シャワーも浴びれないし、真っ暗だ。
と、1時間ほどしてやっと焦りだす。
その頃、また旦那さんが電話をくれて、「どう?」
やっと焦り始めた私たち。
で、会社の修理の人にお願いして、来てもらいました。

いつもいろいろと修理してくれるその人が、電気の業者さんを連れて来てくれました。
でも、家の外側にある、電気の配線盤(?)を見てちょこっといじったら、直っちゃった。
ものの数分。
なんだったんだろう???

まあ、直ってよかったけど、電気ってやっぱりすごく大切なんだーと
実感した午後でした。

でも、寒い夜にとかじゃなくて良かったー。



  1. 2006/02/13(月) 20:25:07|
  2. ちょっと困ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<< 前のページ  次のページ >>

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。